変わる永眠

若い頃は、自分がどういう「家」なのかを考えた事はありませんでした。祖先がどうの、仕来りがどうの、宗教が何なのか…でも、実際そのことをしっかり認識しなければならない機会はやってきます。
それは、葬式や葬儀などの場です。私がその機会が訪れた時、お墓のことでいろいろ相談をしました。聞いていると実にややこしくて、理解するのが出来ませんでした。
私の家では先祖代々続くお墓を守る跡継ぎが私しか居ませんでした。自分が歳をとったとき、墓参りが出来るのだろうか…という話しから始まり、誰が供養や掃除してくれるのか…という事も話しました。
ここ最近の核家族化が進み、お墓を守ってくれる後継者不足が深刻になりつつあるそうです。また、新しくお墓を建てるにも高い費用が必要になってきますし、費用的な所を考えて建てないという人も多くなっているそうです。
そこで、最近人気なのが永代供養の出来る納骨堂です。

納骨堂での永代供養は、お葬式が終わった後に寺院が責任をもって永代に渡ってご供養と管理をしてくれる事を言います。コストはかからないし、後継者がいないという人などに人気で、近年のこの永代供養を求める方が増えてきています。
公営の合葬式墓所や納骨堂の永代供養墓は、承継者の有無に関係なく生前に申込むことができ、使用料が安く、ロッカー式や合祀型などが選べます。
また、大手百貨店でも永代供養墓や納骨堂の取り扱いもしていて、新しいお墓事情と言えるかもしれません。

最近では自身のお葬式の事や身を収める場所の事を生前に考えている人がとても多く、この事を”終活”とも言うそうですよ。

オススメ情報

2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930